横須賀市長 吉田雄人の公式ホームページです

行財政改革

1  財政基本計画を策定

税収の減少と社会保障費の増加により、収支のアンバランスが続く本市の財政状況を改善するため、平成23年度から25年度を計画期間とする財政基本計画を策定しました。

2 ファシリティマネジメントの推進

施設管理の最適化を図るために、本市の保有する施設情報を一元化するとともに、施設の評価手法等について検討してきました。

3 職員の人件費、職員数の削減

平成23年度から25年度を計画期間とする「横須賀市行政改革プラン」を策定し、事業、組織、人事などの見直しを進め、職員数と人件費の削減に努めています。

4 外部の目による職員の接遇点検

職員の接遇の実情について外部の調査員の目で点検を行いました。良い点・改善点の双方を調査対象課にフィードバックすることにより、職員の接遇能力の育成を図りました。

5 「窓口サービス」アンケートの実施

市民の皆さんによりよい窓口サービスを提供するために行っている「窓口サービス」アンケートを実施しました。

6 市税納付推進センターの設置

市税納付推進センターを設置し、専門の委託オペレーターにより、市税の初期滞納者への電話による納付案内を行い、滞納の圧縮を図っています。

7 電力調達入札の実施

電気料金の節減を図るため、競争入札により、PPS(特定規模電気事業者)等から電力を調達しました。

8 火葬場の集約統合

浦賀火葬場を廃止し、火葬業務を中央斎場に集約統合しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加