横須賀市長 吉田雄人の公式ホームページです

命を大切にする横須賀

1 暴力団排除条例の施行

犯罪のない安心して暮らせる環境づくりのために、防犯関係機関、地域、市が連携した安全安心活動を行い、暴力団を徹底的に排除するための条例を制定しました。

2 LED街路防犯灯設置への助成

町内会等が設置・管理する街路防犯灯に、維持管理が容易で省エネルギー効果が高いLED灯の導入を促進する助成を始めました。

3 いのちの基金の創設

いのちを守る医療を支援するため、「いのちの基金」を創設しました。不育症治療費助成事業や医師・看護師確保対策に役立てます。

4 特別養護老人ホームの整備

特別養護老人ホームの待機者解消を図るため、特別養護老人ホームを整備しました。

5 重症心身障害児者施設の整備

これまで本市に無く設置が期待されてきた重症心身障害児者施設の設置・運営者の公募・決定を行い、施設整備に要する費用の一部を助成しました。

6 特例子会社の誘致・設立のための支援

障害者の雇用の場を確保するため、特例子会社の設立に要する費用を助成する、県内では一番手厚い支援策を策定しました。

7 自殺予防施策の啓発

全国で3万人を超える自殺者がいる状況において、市民の心の健康の保持や追い込まれた人のセーフティネットを図るなど自殺の予防に努めています。

8 派遣型救急ワークステーションの開始

一人でも多くの市民を救命するために救急隊を医療機関に派遣し、救急隊員の教育を行うとともに、必要に応じて医師が同乗し救急出場する派遣型救急ワークステーションを実施しました。

9 大学との連携による認知症予防教室の開催

神奈川県立保健福祉大学との連携により、認知症予防に有効とされるウォーキングやグループ活動によるプログラムを導入した教室および認知症予防に関する講座を開催しています。

10 医療と福祉の連携推進

癌などで人生の最期を自宅で迎えることを望む市民やその家族が安心して生活ができるよう、医療関係者と福祉関係者の連携強化をスタートさせました。

11 市民病院での入院診療の再開

入院診療を休止していた呼吸器内科及び神経内科について、医師を確保できる見込みとなり、平成25年4月から入院診療を再開しました。

12 成人歯科検診の対象年齢の拡充

口腔の健康を保持するため、歯科医師会のご協力のもと、成人歯科検診を委託医療機関にて無料で実施してきました。

<その他>

安心して歩ける道路の整備
歩行者にやさしく、安全・安心なまちづくりを目指し、道路や踏切の改修やカラー舗装を行っています。

全ての駅舎エレベーターの整備が完了
身体障害者や高齢者などが、鉄道駅を利用する際の利便性や安全性を向上させるために、鉄道事業者が行う駅舎エレベーターの整備に要する費用を助成します。

 平成24年度‐平成25年度 京急逸見駅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加