横須賀市長 吉田雄人の公式ホームページです

人づくりのまち横須賀

1 「妊娠出産前支援事業」の推進

母子健康手帳交付後の妊娠初期から、それ以降の子育てに対して、切れ間のない相談体制を整えました。
住民基本台帳と連動させることで、本市に引っ越して来た人も速やかにもれなくサービスを受けることができるようになりました。

2 妊婦健康診査助成制度の拡充

安全な出産のために、妊婦の健康管理の向上と経済的負担の軽減を図ることを目的に妊婦健診の助成金額を増額しました。

3 産科医療対策の推進

安心してお産ができる産科医療環境を確保するため、分娩取扱医療機関に助成を開始しました。また、看護師の離職防止の研修会を実施するなど、看護師確保対策を推進しています。

4 不育症治療に対する支援

妊娠はするが流産や死産を繰り返す不育症に対する治療の経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適用されない治療費の一部助成を始めました。

5 助産師支援の推進

市民が安心して子どもを産み、育てられるよう、助産師のスキルアップ・離職防止を支援してきました。

6 子育て短期支援事業(ショートステイ)の実施

保護者の病気や出産等の理由で、一時的に子どもの養育が困難になった場合に、児童養護施設等で子どもを預かるショートステイ事業を始めました。

7 児童養護施設の環境改善への助成

保護者の養育が受けられない児童、虐待を受けた児童が入所する児童養護移設を新たに整備しました。乳児院を併設している点が最大の特徴です。
また既存施設に対して、入所児童の安全確保や生活環境の改善を図るため、施設の改修費用を助成しました。

8 待機児童の解消

待機児童の解消を図るため、保育所の定員拡充を進めきました。

9 学童クラブへの助成

保護者などが放課後不在である児童の健全育成を図るため、民間学童クラブへの助成を行っています。とくに、ひとり親や障がい児への特別加算を創設しました。

10 いじめ・不登校対策の充実

大きな社会問題として取り上げられている「いじめ・不登校問題」に関して、未然防止、早期対応、早期解決に向けてよりきめ細かい支援に取り組んできました。

11 キャリア教育の推進

自分のまちを学んだり、実際にお店や職場を体験したりして、望ましい職業観・勤労観を育成し、児童生徒一人一人が、自己の個性に合った進路を主体的に選択できる能力を養う「キャリア教育」を横須賀商工会議所と協働で取り組みました。

12 学校校舎の緑のカーテンづくり

市立学校校舎壁面に、ゴーヤ、ヘチマ、キュウリなどによる緑のカーテンづくりを進めました。暑い時期に教室が涼しくなるとともに環境への関心を育てています。

13 校庭の芝生化

児童の怪我の防止や、気持ちよく運動のできる場所の確保といった教育環境の向上を図るために、小学校の校庭の一部、芝生化を進めてきました。

14 学力向上の推進

児童生徒に確かな学力を身につけさせるため、各学校の学力向上プランに基づいて取り組んできました。今後は、横須賀市学力向上推進プロジェクトとして推進します。

15 小学校の普通教室に冷暖房機を整備

夏季期間中の教育環境の向上および事務の効率化を図るため、小学校の普通教室などに空調設備を整備しました。

13 すかりぶ(定住促進)

結婚・子育て世代の市民に横須賀の暮らしをより楽しんでもらうためのサービスを、しない事業者に提供していただく、まちぐるみの子育て応援サイト「すかりぶ」を始めました。
会員登録すれば、イベントや割引などのサービスが利用できます。

<その他>

佐島の丘温水プールの開館
開発事業者から寄附を受けた佐島の丘温水プールを開館し、市民にスポーツ及びレクリエーションの場を提供しました。

武道場の建設
生徒数が多く体育の授業に支障をきたしている浦賀中学校、久里浜中学校に、武道場を建設しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加