政策

皆さんと一緒に取り組みたい!人づくりこそ、まちづくり 政策一覧

市民がまちづくりの主人公!─地域活動の拠点づくり─

  • 地域活動の拠点として以下の施設を集約し、「何でも調べられる、誰でも集える、遅くまで開館する」施設を、中央地域の再開発と連携して検討します。(中央図書館、児童図書館、青少年会館)
  • 住民自らが地域のまちづくりを行えるよう、住民自治の拠点として「地域運営協議会」の設立と運営を支援し、その活動をさらに進化させます。
  • 市民公益活動ポイント制度をさらに周知し、市民協働の輪を広げます。

人口減少社会に向き合う改革─コンパクトなまちづくり─

  • 不動産事業者と連携し、市街地や谷戸の中古住宅や空き家を、結婚・子育て世代に「住まい」や「仕事場」として活用してもらえる環境を整えます。
  • 横須賀を離れた若者が「親の近くで暮らしたい」と、戻ってきやすくなるよう、多世代同居(近居)を支援します。
  • 拠点となる市街地のコンパクトなまちのデザインを可視化するため、「立地適正化計画」を策定します。

市民も楽しめる観光立市!─ワクワクする企画づくり─

  • 横須賀ライフをさらに満喫してもらえるよう、さまざまな施設で「市民割引」キャンペーンを実施します。
  • 日本遺産をはじめとした近代歴史遺産を活用してプロモーションを展開し、他の旧軍港市(佐世保市・呉市・舞鶴市)と連携した客船クルーズの誘致を目指します。
  • 横須賀の誇るべき自然を体感してもらえるよう、エコツアーや里山の利活用を推進します。
  • 民泊を推進し、修学旅行やインバウンドをさらに誘致するとともに、受け入れ家庭を増やすための支援を行います。

生涯現役社会を目指して─心と体の健康づくり─

  • 受動喫煙防止のための取り組みを進めます。
  • サークルや文化活動を行なっている皆さんの活動の場を確保するため、施設予約の不正利用を防止します。
  • プロのスポーツチーム(野球・サッカー・バスケットボール)との連携を進めます。
  • 手軽に運動ができるよう、公園に健康器具をさらに整備します。
  • うわまち病院の建て替えの検討を進めます。

地域経済の活性化─市民が働ける雇用づくり─

  • 市民に雇用の場を提供してくれる企業を誘致します。
  • 地元企業に優先的に発注できるよう、さらなる入札制度改革を進めます。
  • 「ヨコスカバレー」の取り組みを通じて、新規事業への挑戦を促す支援を行いICT企業の集積を目指します。

生きた英語が学べるまち─横須賀ならではの教育環境づくり─

  • 中学生の英検3級取得率、日本一を目指します。
  • 英語が身近に感じられるよう、外国人と交流できる様々な機会を提供します。
  • グローバルで活躍できる人材を育成するため、インターナショナルスクールや国際バカロレア認定校などを誘致します。

生きる力を身につける─『地域』の学校づくり─

  • 負の連鎖を断ち切るために、貧困世帯への学習支援を拡げます。
  • 子どもたちの輝ける舞台をたくさん作るため、部活動への支援を強化します。
  • 子どもたちの活動拠点を学校と位置づけ、放課後でも学校で過ごすことができるよう、取り組みを進めます。

市民の役に立つ所を目指して─真の市役所づくり─

  • コンビニエンスストアで、住民票などの取得や税金などの納付をできるようにします。
  • 市役所の女性管理職の割合を15%まで増やします。
  • スカリンを活用した広報戦略を検討します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイートツイート
ページの
先頭へ