活動日記

怒り

2007年2月5日議会

「どうせ」という気持ちを抱きながらも、
今回行った議会での質問。
市長の答弁には、議会では初めて「怒り」を感じました。
今までは、喜怒哀楽の「哀」を感じることはあったのですが、
今回は、耳の後ろまで熱くなるくらい
「怒り」を感じました。
質問の中で、市長のホームページに書いてあること
引用しました。
『「自分たちの声が届く市政」、「自分たちの声が反映する市政」であると実感していただけるように努めていきたいと思います。』
この文章を読んでいるとき、怒りは頂点でした。
なぜ、哀しみではなく、怒りであったかは、
あえて、原因を探るのではなく、
怒りを怒りのままに蓄積をしておこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ