活動日記

初めての講義

2007年6月25日時事・政治

うまれてはじめて、大学で、講義をしてきました。
大学院のとの先輩が、
国士舘大学の鶴川キャンパスで「政治学」の授業をもっており、
その授業の一環として、講義を担当しました。
講義のタイトルは「政治をもっと身近なものにするには」。
30人くらいのクラスで、授業が始まった瞬間から
寝ている学生3人。別の本を読んでいる学生5人くらい・・・。
低調な滑り出しではありましたが、
用意したパワーポイントのプレゼンテーションスライドを
プロジェクタで映し出したり、あえて眠ってる学生に質問をしたり、
最後には全員顔を上げて講義を聴いてくれてました。
90分授業の30分は、アクティビティということで、
「模擬選挙」を行いました。
5人ずつ、グループに分かれて政策発表をして、
それに投票するという簡単な模擬選挙です。
班によって、これも低調なところと、
議論の盛り上がるところと、それぞれでしたが、
初めての大学での講義としては、まずまずの結果だったのではと、思っています。
さて、気になる講師料は・・・、ゼロ円です(笑)。
交通費の実費のみ、頂きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ