活動日記

■豊島区立中央図書館

2007年11月11日美術館・図書館・博物館

この図書館の特筆するべきところは、
有楽町線の東池袋の駅から、徒歩ゼロ分という立地です。
サンシャインからも5分以内で来れるのではないでしょうか?

(後ろに見えるのがサンシャインの明かりです)
こちらも開館したばかりの図書館です。
あえて夜の7時ころ行ったのですが、
会社員の方や予備校帰り?大学帰り?の学生がいっぱいでした。

私もサラリーマンだったときのことを思い出しながら、
どんな気持ちになるだろうか、とあえてパソコン利用可能なブースに行ってみました。
パソコンを利用するのにも、カードを作らなければいけないようですが、
横須賀市民でも、こころよくお貸しいただきました。
LANケーブルも貸してくださり、図書館とは関係の無い
ネットのリサーチ調査などの仕事もしてしまいました。
(千代田区の図書館には無線LANが通っていましたが、
 利用するスペースがすべて利用者で埋まっていました)
吹き抜け式の部分は、横須賀の中央図書館を彷彿(ほうふつ)とさせましたが、
その広さには、天井が落ちてこないか、ちょっと不安になるくらいでした。
また、よこすか芸術劇場もエレベーターで苦情が多いですが(1機しかない)
豊島区中央図書館も、やはり2機しかなく
3階の「あうるすぽっと」でイベントをやっていた関係で、
かなりエントランスで待たされました。

ここで「自動貸出機」を見つけました。
話には聞いていたのですが、目にしたのは初めてでした。
ICタグを本に貼り付けて、貸し出し処理をしていないと
出入り口でブザーが鳴るわけです。
ただ、処理は司書の方ではなく、利用者本人でもできるのがポイントです。
蔵書すべてにICタグを貼る手間やシステムの導入はコストになりますが、
それでも運用に当たっての人件費削減になることは間違いないようです。
これも別段新しい施設でなくてもできるサービスですが、
実際は、施設を新しくするタイミングで、取り掛かる図書館が多いようです。
横須賀市の計画の中でも、やはりそうした方向性が出されています。
ただ繰り返しますが、建物が新しい必要性はまったくありません・・・。
・豊島区図書館
http://www.library.toshima.tokyo.jp/
・豊島区立中央図書館 訪問記(東京図書館制覇!)
http://www.tokyo-toshokan.net/libdata/toshima/chuou.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ