活動日記

認知症高齢者介護者の集い

2008年1月11日行事・集客

認知症高齢者介護者の集いに参加してきました。
介護者同士の情報交換や支え合いのために、
定期的に開催されている「集い」で、
市役所から、長寿社会課の職員2名と、
認知症の方を介護されている方が、この日は5名参加されていました。
そこで話された内容などは、
守秘義務の関係で、ここに書くことはできませんが、
介護をされている方々の、身体的・精神的な労苦を
まざまざと感じさせられる集いでした。
ただ、一方で、介護されている方々は、
時に笑いながら、時に泣きながら、その労苦を話すことで
ほんの少し、そのストレスから解放されて行くように
私には感じられました。
私にとっては、介護の厳しい現場を知る機会になりましたが、
出席者の方々にとっては、おむつの交換の方法や
介護タクシーの使い方などの具体的な情報交換もできることから、
たいへん有意義な集まりだと感じました。
一つだけ残念なのは、出席者が少ないことでした。
こうした集まりに積極的に顔を出すことができる方々増え、
必要であれば、各地域に広まっていく、
そんな展開が理想だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ