活動日記

小田原市長選挙

2008年5月19日時事・政治

小田原市長選挙が、昨日行われました。
すぐに投票結果が明らかになり、
ずうっと応援をしてきた、加藤けんいちさんが、
みごと2位、3位の得票合計を上回り、当選をされました!
相手陣営には、鳩山由紀夫さんや河野洋平さんといった
大物政治家がバックにつき
神奈川選出の国会議員である千葉恵子さんや浅尾慶一郎さんが
応援にかけつけていて、大組織を総動員していましたが、
それでも、市民の一人ひとりのつながりの中での想いのほうが
上回った結果でした。
最終日、夜。
マイク納めと言われる8時前に、
小田原駅に集まった人たちは、ほんとうに想いだけで、
集まった人たちでした。
私も、一言応援のメッセージを
述べさせていただきましたが、
3年前の横須賀での市長選挙を髣髴(ほうふつ)させるような
興奮がありました。
「きっと市民の力が勝つ。この流れはとめられない」
そう思いました。
本当に手弁当で戦った選挙。
私の選挙戦と一緒で、おそらく人件費はゼロ円。
ウグイス嬢と呼ばれる人たちも、みんなゼロ円。
それでもお金がかかるといわれる選挙の資金は、
一口1000円のカンパが1万5千口もあったそうです。
政治を変えるには、選挙から変えなければいけない、
そんな気持ちを強くしました。
選挙はゴールではなく、スタート。
小田原の町が変わるのは、これからです。
そして、この流れが、神奈川に、全国に、
いつか広がっていけば良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ