活動日記

和泉市:ふるさと観光推進事業

2008年5月28日視察・出張

■視察先:大阪府 和泉市
■視察項目:ふるさと観光推進事業(バスツアー、和泉ロマンツーデーウオーク)
■視察日時:2008年5月2日 9:300~12:00
■対応していただいた方:
 和泉市環境産業部次長兼商工観光課長 森内平男さん、橋本吉人さん
 和泉商工会議所中小企業相談所 部長 経営指導員 藤原孝司さん
■議会事務局の方:議事係奥山高起さん、瀬戸あゆみさん
■視察のねらい
観光推進のための施策を総合して視察することで、本市における観光施策と比較し、取り入れることのできるものやなくすべきものを判断する材料とする。
■視察の状況
和泉市議会において、環境産業部次長兼商工観光課長 森内平男氏、商工会議所中小企業相談所 部長 経営指導員 藤原孝司氏に、用意していただいた資料をもとにご説明いただいた。
その後質疑応答を行った。
■事業概要(バスツアー)
市内11商店街・市場・小売商店の利用者に対して、合同大売出しを実施、3000円お買い上げ毎に1回の「ガラポン抽選」を行い、当選者800名(ペア400組)を豪華行楽弁当付のバスツアーにて、和泉市内名所史跡へ招待し、等外として100円相当の商品を各商店街にて手配し、観光推進およびしない商店街利用での消費促進を図る。事業実施より9年目。
・大売出し事業
①大売出し期間:16日間(4月12日~4月27日): 3億円強の売り上げがある。
②抽選期間:9日間(4月19日~): 3000円で1回のガラポン抽選会。
③市内バス観光 当選者:800名(400組)。2500円の弁当付
【費用対効果】
総予算額:1260万円
財団法人和泉市産業・観光振興会:600万円
商店連合会:564万円、
商工会議所:60万円
■事業概要(和泉ロマンツーデーウオーク)
日本ウォーキング協会(http://www.walking.or.jp/index.html)主催の事業に、市がバックアップをしている。平成19年度3500人が参加した。参加者の募集等は、すべて日本ウォーキング協会で行っている。毎年10月第三土日に企画されている。
健康を所管するはずの教育委員会ではなくて、商工観光課がやっていることに、特徴がある。
■所感
和泉市には、最盛期で16の商店街があったそうだが、現在は11になっているとのこと。さらに、平成22年には、超大型(大阪で第1位の規模)の郊外型スーパーマーケットが回転するらしく、横須賀市における大規模小売店の進出ラッシュとずいぶんと重なって映った。そうした中で、市民の方に知っていただくためのきっかけとして、商店街とタイアップして行うバスツアーを企画することは、たいへん意義深いものであると感じた。
また、そのバスツアーには、観光ボランティアが無償で同行していただいているそうで、全市を挙げた観光推進事業であると感じた。
横須賀市では、地区の観光協会の力が強いため、オール横須賀の観光事業というのが、なかなかイメージがつかないのだが、こうしたきっかけ作りは、本当に大切であると感じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ