活動日記

明石市:子ども夢文庫

2008年6月1日視察・出張

■視察先:兵庫県明石市福祉部こども室子育て支援課
■視察項目:子ども夢文庫について
■視察日時:2008年5月2日 13:00~15:00
■対応していただいた方:
 福祉部こども室子育て支援課調整係長 小林秀文さん ほか1名
 コミュニティ推進部コミュニティ推進室
 市立貴崎小学校区コミュニティセンター所長 堂上俊喜さん
■議会事務局の方:庶務課主事 杉町純子さん
■視察のねらい
子どものための図書事業を民説民営で行う手法を学ぶことで、本市における新中央図書館建設計画の建設ありきのあり方の無意味さを再確認し、創意工夫の可能性を検討する材料とする。
■視察の状況
明石市議会において、福祉部こども室子育て支援課調整係長 小林秀文氏に、用意していただいた資料をもとにご説明いただいた。
その後質疑応答を行った。
質疑応答の後、子ども夢文庫(貴崎夢文庫)の実地見学を、市公用車にて、小林氏と議会事務局杉町氏の両氏と一緒に同行していただいた。
子ども夢文庫にて、貴崎小学校区コミュニティセンター所長 堂上俊喜氏からもあわせて運用状況をご説明いただいた。
■事業概要
市の出資金と個人、企業等からの寄附金をもとにした「明石市こども基金」を活用して、子どもに夢を与え、また、父母らに交流の場を提供するため、絵本や児童書、おもちゃを通した居場所づくり、交流の場づくりを行う。
図書館から遠い場所や賑わいが必要な場所に設置し、読み聞かせや図書の貸し出しだけでなく、地域の子育て支援を充実する。利用自体は、一日15~20人くらいの利用がある。
あくまで社会教育事業としてではなく、児童福祉・子育て支援であることが特徴。目標として10箇所まで増やす方向にある。
【具体的な事業】
①子どもへの絵本などの貸し出し
②子どもへの絵本などの図書の読み聞かせ
③子どもに対する体験活動の機会と場の提供
④子どもに対する遊びの場の提供と子どもの居場所づくりの活動
⑤子ども及びその保護者と地域住民との交流の場の提供
⑥子育てに関する相談などへの対応
■事業実施体制
運営団体は、商店街、自治会、NPO、ボランティア団体、民間団体など(各団体の協働も可とします。)で、こども夢文庫を運営する団体として、市から指定を受けたもの。市が直営するのではなく、市民団体が行っているものに助成をしている。
施設としては、地域の集会施設、商店街の空き店舗、空き家を活用し、地域に開かれた施設として設置されていて、各種事業を行うのに必要十分な面積を有し、採光及び通風が良好であること。上記等を取り決めた要綱を設置している。
【助成金の額】
運営助成金(開設年度及び翌年度以降) 1年度20万円以内
開設助成金(開設年度のみ)
施設改修に係る助成 50万円以内、 備品購入に係る助成 30万円以内
※開設のための図書等の消耗品(120万円以内)は市から貸与します。
※県の空き店舗活用の助成金などとの併用は可能。
■事業実施の経緯と背景
平成17年4月に市の出資金1000万円と大口の寄付とで、こども基金を立ち上げている。初年度より、子育て支援や児童健全育成活動などの市民活動団体へ、活動助成金を出した。その子ども基金を活用した事業を検討している際に、市長から提案があった。
■所感
市役所内の保育スペースの設置や子ども図書館建設予定などにも見れるように、これも市長のリーダーシップに基づく発案であり、事業であった。
ただ、子ども図書館を来年度開設する予定があり、それを教育委員会で所管していることなどを聞くと、市長がリーダーシップを発揮することは良いことではあるが、その内実については詳細な検討は必要であると感じた。子ども図書館が教育委員会で、子ども夢文庫が福祉部であるというのは、あまり良い状況とはいえないのではないか。また、子ども夢文庫の蔵書は、図書館の蔵書検索ネットワークからは外れているとのことであったが、本来的には、図書館行政の一環として行うべきものと感じた。
実際に、現地を視察して、紙芝居や漫画の偉人伝記などもあり、学校の図書室では味わうことの出来ない雰囲気や材料があることはとても良いと感じた。とくに地域のボランティアの方々が支えているという実態は、守られるべき子どもにとって何よりのものだと感じた。
■最後に
コミュニティセンターを各小学校区に設置し、そこに係長クラス1名と市役所OB嘱託非常勤職員を1名配置しているということを知り、少なからず驚いた。コストは膨大なものになるが、市役所の職員を育てるという意味においては、価値のある取り組みである。
参考URL:
http://www.city.akashi.hyogo.jp/fukushi/kodomo_shitsu/kosodate_navi/kikin/bunko.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ