活動日記

GNFでのウラン飛散事故について その2

2008年8月14日時事・政治

おとといの午後に、久里浜選出の6人の議員で、
GNFで再発した事故について、
6人の議員でできる対応について話し合いました。
まず、市役所の市民安全担当部の職員から、
法制度の説明をいただきました。
特に問題となっていた「通報の遅れ」という点では、
法律上、自治体への通報義務がないことが
はっきりいたしました。
また、その後、西田議員の調整のおかげで
GNFの会長、センター長、地域担当の方々に
ご出席いただき、
事故の状況などについて、説明をお聞きしました。
もちろん謝罪がまずありました。
その後、各議員から詳細な内容についての質問が
飛び交いました。
私も、経済産業省からの指導の内容であるとか、
今後の運営のあり方などの質問をいたしました。
その答えの中に、社員としての進退をかけて
今後の再発防止や安全対策の強化について臨むという
こともお答えいただきました。
その後、6人で話し合った結果、
来週のどこかのタイミングで
GNFに対しては申し入れ書を、
市に対しては、要望書を出そうということになりました。
内容については、固まり次第、またご報告いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ