活動日記

イベントのお知らせ【自分色の「働く」を探せ!】

2008年9月10日行事・集客

今日は、イベントの紹介です。
横須賀以外の活動は、極力しないようにと
自分に一定程度課しているのですが、
友人が立ち上げようとしているNPO活動には、
積極的にかかわっています。
その活動の一環で、今度合宿形式のセミナーを行います。
テーマは「働く」ということ。
対象は「働く」前の人たち。つまり学生。
今の社会の中で、学生に対して
「働く」というテーマで与えられているサービスは、
実は、とても少ないのが現実です。
一つは公教育(おもに学校)と、
もう一つは、就職支援会社などによるサービスです。
そして、どちらも「学生にとって」のことは
あまり考えていない実情があります。
公教育については、自分自身の経験をたどっても
おそらく皆さん自身で振り返っていただいても、
具体的なキャリアや職種を
イメージ/デザインさせるような内容の教育では
なかったと思うのです。
文部科学省などの想いがどうあれ、
これが、私たちの実感レベルです。
中学生、高校生、大学生だった私たちは
その学校から働くということの概念や
働くためのスキルというのを
学ぶことはほとんどありませんでした。
あったとしても大学の就職課のように、
学校としての価値を高めるために、
有名企業からの募集を優先的に
紹介するような、サービスばかりでした。
もう一つの学生へ提供されているサービスである、
就職支援・紹介会社によるサービス。
いわゆる「○○ナビ」みたいな名前で
電車の中吊りなんかで見るような会社です。
こうした会社がどこからお金をもらうかというと
企業からもらいます。
ですから突き詰めたところ主語は「企業」であって、
「学生」ではありません。
その企業にとって「求められる人材(学生)」が、
けっしてその学生にとって「いい企業」であるとは、限りません。
残念なことに、おうおうにして、違うものです。
これは、ビジネスですから否定はしませんが、
学生が「○○ナビ」などだけを頼りに
職を探し求めることは、最初から行き違いがあって
恋愛と重ねて見ると、とっても悲劇的です。
そこで私たちが考えたサービスは、
もっと「働く」ということを
足元から考え始めるきっかけと
自分の価値観と社会の価値観との折り合いを
どうつけていくかというスキルの提供です。
合宿という、日常から少しだけ切り離された環境で
就職活動を始める前に、
「自分にとって「働く」こととは」を
掘り下げる機会を提供できればと思っています。
もしも、みなさんが、就職活動を前にした学生でしたら、
あるいは、皆さんの周りにそういう方がいたら、
ぜひ、参加していただければと思います。
どうぞ口コミでの広報をよろしくお願いします。
もちろん、私も参加しますし、講義も予定しています。
かなり広範囲に声をかけていますので、
定員になり次第締め切らせていただきますことを
あらかじめご了承ください。
■自分色の就活発見!合宿■
~企画趣意書~
◆企画趣旨
働く本当の意味を理解し、体験してもらいながら、
自分しかできないやりたいことを見つける
きっかけの場を提供する。
◆企画概要
1.「働く」を理解するためのグループワーク
2.自分色の「働く」を理解するためのセルフワーク
3.「働く」を実感するためのプロジェクトワーク
◆基調講演(予定)
元リクナビ編集長 前川孝雄氏
NHK平成若者仕事図鑑 番組ディレクター
◆プログラムメニュー
9月27日(土)
合宿オリエンテーション
基調講演
グループワーク
セルフワーク
プロジェクト概要説明
9月28日(日)
プロジェクトワーク
プレゼンテーション
評価・講評
◆場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター
◆日程: 平成20年9月27日(土)~28日(日)
◆集合時間: 9月27日AM9:30に、セ-511号室に現地集合。
◆費用:9800円(事前に振込みをお願いします)
◆主催 ライフデザイン スクエア(NPO法人申請予定)
◆協力 21世紀倶楽部・21世紀塾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ