活動日記

裸足

2009年4月5日日常

今朝、早く起きて山桜の咲く、家の裏山に登りました。
駅立ちのない日の、時々のトレーニングです。
ある人から
「裸足になって土を踏むと地球と一体化できる」という
謎めいたことを聞いていたので、
実際にやってみました(笑)。
さすがに露に濡れた草は冷たいのですが、
土はほんのり温かく、
春がすでにやってきたことを感じました。
同時に、
普段の生活の中で、
どれだけアスファルトを踏みながら、
暮らしているかということに
気付かされました。
「自然に親しむ」と言っても、
アスファルトの上からではだめですね。
ホタルの幼虫が住む小川で足を洗って、
タオルで拭いて、靴をはくと
ぽかぽかしてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ