活動日記

やっと掲載【トイレとシャンデリア】

2009年7月13日政策集(マニフェスト)

市長に就任して「すぐにやる」と言っていた、
市長専用トイレの廃止

豪華なシャンデリアがぶら下がる特別来賓室の廃止
ですが、
まずは写真を掲載していきますね。

応接室。写真の加工は一切していません。

これが、専用のトイレ。
誰かが噂していたように金箔は塗られていませんでした(笑)。

ウォッシュレットでした。
まず、応接室については、市長専用のものとはせず、
職員であれば、みんなで使える部屋として
位置づけを変えていこうと話を進めています。
このシャンデリアのぶら下がる部屋に限らず、
市長・副市長にしか使えない部屋というのが、
いくつもあるようですので、
それも含めて変えていきたいと思います。
そして、市長専用のトイレ。
これは一度も使っていません。
写真を撮った後、電源を抜きました。
そういう意味で直接的な効果は、
電気代と掃除のコストくらいです。
けれども、このトイレには象徴的な意味がありました。
それは、現場を知ろうとしない官僚文化の象徴です。
皆さんと同じトイレを使うことでしか
見えないものがたくさんあると思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ