活動日記

ペリー祭のあいさつ文

2009年7月21日行事・集客

ペリー祭のあいさつ文を載せると言っておきながら、
時間が経ってしまいました・・・。
■ここから(英文は下段に掲載しました)
水師提督ペリー上陸記念式典横須賀市長式辞
平成21年7月11日(土)
本日、ここに駐日アメリカ大使代理 
駐日アメリカ総領事 レイモンド・ベイカ様、
外務大臣代理 日米地位協定室長
船越 健裕様をはじめ、
内外多数のご来賓の皆様にご臨席をいただき、
「水師提督ペリー上陸156周年記念式典」を
盛大に挙行できますことは、
昨日第35代横須賀市長に就任しました
私、吉田雄人に、とりまして
たいへん光栄なことであります。
また、私の住まいは、
ここ地元久里浜・久村にありまして、
本式典が最初の公務であることに感慨を覚えております。
1853年7月8日、
東インド艦隊司令長官ペリー提督一行は、
我が国との国交を求めるフィルモア大統領の
親書を携え、4隻の軍艦を率いて浦賀の沖に
その姿を現しました。
7月14日、ペリー提督は、
ここ久里浜の地で浦賀奉行に
大統領の親書を手渡しました。親書の内容は、
友好と貿易、難破した船の乗組員の救助を
求めるというものでした。
翌1854年に幕府は、米国と日米和親条約を結びました。
ペリー提督は、公式な報告書として、
アメリカ合衆国議会に
「日本遠征記」を提出いたしました。
それは、全3巻に及ぶもので、
報告書のほかに、江戸や下田、函館の測量図、
採取した魚介類の写生記録、
そして天文図などがつけられていたそうです。
今でも、その情報収集力には驚かされるものがあります。
そのペリー提督の日本遠征記には、
ある予言が書かれていました。
それは次のようなものです。
「日本の手工業者たちは、
 世界のどの手工業者たちにも
 おとらず熟達している。
 日本人の発明力をもっと自由に発達させれば、
 日本人は、最も成功している工業国民に、
 いつまでも劣ってはいないだろう」、
「日本人が文明世界の
 過去および現代の技能を修得したならば、
 将来の機械工業の成功を目指す
 強力な競争者になるだろう」
このペリー提督の予言は、
横須賀市の商工会議所の入り口に
「予言の碑」として掲げられています。
そしてこのペリー提督の予言は、
まさに日本が、そして私たち横須賀が
成し遂げてきた道そのものです。
そして、その予言された道はまだこれからも別の形で
歩みを続けることのできる道であるはずです。
そのために私たちに必要なのは、
「やればできる」という気持ちと
変化を受け入れ、異なる価値観や文化を
共有していくことを恐れないことです。
本日、ご来席の皆さまにはぜひとも、
このペリー提督の予言を誇りとしてうけとめ、
あたらしい横須賀を拓くためにお力を
お貸しいただければと存じます。
終わりに臨み、
本日のこの式典にご参列いただきました
内外多数のご来賓の方々に、
厚くお礼申しあげます。
また、多大なご協力をいただきました、
海上自衛隊、陸上自衛隊、浦賀警察署
及び久里浜観光協会の皆様方に対し、
心から感謝の意を表しまして私の式辞といたします。
The honorable Mr.Raymond Baca, Consul General,
U.S. Embassy, Tokyo, and representative of the United States Ambassador to Japan; Mr. Takehiro Funakoshi, Director, Status of U.S. Forces Agreement Division, and representative of the Minister for Foreign Affairs; distinguished guests; ladies and gentlemen.
It is a great pleasure to welcome so many guests from both within and without the city to this ceremony commemorating the landing of Commodore Matthew C. Perry, 156 years ago. My name is Yuto Yoshida, and I am honored to have taken office yesterday as the 35th mayor of Yokosuka City. I am also a resident of the local area of Kurihama, Kumura, and I will remember with pride and joy the opportunity to celebrate this ceremony here as my first official duty.
On July the 8th, 1853, Commodore Perry led the United States East India Squadron to Japan. His fleet of four ships first appeared off the coast of Uraga, bearing a letter of request for diplomatic exchange from United States President Millard Fillmore. On July the 14th, Commodore Perry delivered to the Uraga Magistrate the president’s letter, which requested friendship, trade, and relief for shipwrecked sailors. The following year, 1854, the shogunate signed the US-Japan Treaty of Peace and Amity.
Commodore Perry presented his Narrative of the Expedition of an American Squadron on the China Seas and Japan as an official report to the United States Congress. This document was composed of three volumes and contained, in addition to the official report, survey maps of locations including Edo, Shimoda and Hakodate; sketches of fishes caught in these areas; and astronomical charts. Even today, we are astonished by Perry’s energy in collecting such exhaustive information.
The Narrative also contained an interesting prophecy about Japan, the content of which is as follows: “Their handicraftsmen are as expert as any in the world, and, with a freer development of the inventive powers of the people, the Japanese would not remain long behind the most successful manufacturing nations….Once possessed of the acquisitions of the past and present of the civilized world, the Japanese would enter as powerful competitors in the race for mechanical success in the future.”
This prophecy of Commodore Perry’s appears on the Monument of Commodore Perry’s Prophecy, placed at the entrance to the Yokosuka Chamber of Commerce and Industry. The path to success followed thus far by our country of Japan and our city of Yokosuka is exactly that predicted by Commodore Perry, and it is a path that we will surely continue to follow in yet other forms into the future. As we strive to move forward, we must believe that we can do anything if we try; we must be ready to embrace changes; and we must not be afraid of sharing our differing cultures and values. I humbly and earnestly ask all here today to take pride in Commodore Perry’s prophecy, and to lend me your strength as we go forward from here to create together a new Yokosuka.
 
In closing, I would like to once again thank all of our guests for joining us here at this ceremony. I also wish to express my sincerest gratitude to the Japan Maritime Self Defense Force, the Japan Ground Self Defense Force, the Uraga Police Station, the Kurihama Sightseeing Association, and all those who have contributed their support to the success of today’s event.
Thank you.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ