活動日記

初・東京(グーグル社長と会う!)

2009年7月24日行事・集客

今日は、東京に行きまして、
・旧軍港市振興協議会
・全国基地協議会
・防衛施設周辺整備全国協議会
といった会議に出席してきました。
旧軍の施設や基地がある地方自治体が、
共通する課題などに対し、
いっしょになって解決に向けた知恵を出し合ったり
国に対して声をあげていくなど、
大切な協議会です。

(旧軍港市振興協議会の市長さんたち。
 むかって左から、舞鶴市長、佐世保市長、呉市長)
こうした「正規のチャネル」を
おざなりにしてしまうと、
「裏のルート」が幅を利かせるようになってしまいます。
初めて参加した私としては、
すこし形式ばったところがあるように感じましたが、
議案に対して、しっかりとしたご意見をなされる方もおり、
積極的な関与を私もしていこうと思いました。

(協議会の風景)
基地に関する協議会のお昼の時間に
Googleの辻野晃一郎社長とお会いしました。
オバマ大統領がGoogleの提供する機能を使って
情報発信をされているのは、
多くの皆さんがご存知だと思います。
今回日本でも、、衆議院選挙を前にして、
モデレーターという機能を使って、
市民と政治家との距離を縮めています。
私の友人がGoogleで働いていることもあり、
今回、昼食(Google社食堂)をご一緒させていただきました。
企業の業務効率化や、そこで働く方の生産性を
著しく高めている現状があります。
けれども、公共の場には、
まだそれほどGoogleの機能が使われてはおりません。
私は、マニフェストでも、
動画で行政サービスを説明したり、
オンラインビデオカメラで、
相談できる体制をつくることなどを記載していますが、
ほかにも、Googleの機能を使って、
情報発信の在り方というものを考えることができるはずです。
横須賀市も失敗を恐れず、
Googleを含めた新技術の取り入れを
どんどん行っていきたいと思っています。

(辻野晃一郎社長と)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ