活動日記

車座会議が終わりました

2009年11月2日政策集(マニフェスト)

今回のテーマで予定されていた
11回にわたる車座会議が、終わりました。
任期4年間かけて行っていく予定ではありますが、
とりあえずいったんは終了です。
西の行政センターを皮切りに、
全ての行政センターで行なったわけですが、
恥ずかしながら中に入ったことのない行政センターも
ありましたので、すべての地域を回れたことは
たいへん貴重な機会になりました。
車座会議の始まる前に、
各行政センターの館長とお話ができたことも
見えない収穫の一つです。
それぞれの地域の課題や展望を
率直に話してくださいました。
多くの参加者の方々が
ひとしく満足をしてくださったかどうかはわかりませんが、
私としては「やってよかった」という感想です。
始まる前からドキドキしていたことは、
「司会進行」の役をつくらなかったことです。
市民の民さんとの対話に、
余計なコメントや文脈を挟み込まずに
直接やりとりすることに
意味があるんだと思っていました。
「コーディネーター」とか「ファシリテーター」とか
そういう司会進行の人をお願いしませんでした。
そうした専門の役割の人がいたほうが、
一般的には意見が出やすいのかもしれませんが、
実際やってみて、たっくさんの意見をいただきました。
たくさんのご意見をいただけたこと。
これが今回「やってよかった」と思っている
一番の理由でもあります。
これからも車座会議という形で、
ご意見をお聞きする機会があると思いますが、
ぜひ積極的なご参加をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ