活動日記

インターネットで不用品を売却

2010年1月7日政策集(マニフェスト)

先日の記者発表で、
インターネットで不用品を売却についても、
とりあげました。
消耗品のたな卸し(NHKでも放映されました!)や、
http://blog.yuto.net/?eid=914410
学校などからの返納物品の売却/譲渡など、
http://blog.yuto.net/?eid=914411
これまでもマニフェストに記載した通り
「乾いたタオルを絞る」ような取り組みを
ムダづかいを省くために行ってきました。
それくらい横須賀市の財政状況は
大変厳しい状況にあるのです。
建て直しに向けて
あらゆる努力をしなければなりません。
今回、発表しましたのは、
市役所で不用になったリサイクル可能なものを、
ヤフーの「官公庁オークション」
(インターネット公有財産売却システム)を
利用して一般競争入札を実施します。
今回はフィルム式のカメラや
事務机など6点を売却する予定で準備を進めています。
インターネットを利用することの利点は、
まず、幅広く全国各地に
公有財産の売却情報の発信が可能となること、
より多くの方が入札へ参加してもらえまること、
その結果、高い落札率・落札額が確保できること、
さらに、従来不用品は費用を
かけて処分をしていましたので、
その経費を削減できる効果もあります。
これからも、リサイクル可能な物品が
不用品となった場合は、
積極的に売却への取り組みを進めます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ