活動日記

退職される皆さんへの辞令交付

2010年4月1日行事・集客

昨日は、市役所を退職される皆さんへ
辞令交付を行いました。
また、市民病院の引き継ぎも、
地域医療振興協会の理事長と行いました。
そんな中で、定年退職をむかえる皆さんへ
次のような挨拶をさせていただきました。
本日、定年退職を迎える皆さまに
一言挨拶をさせていただきます。
まずは、長い間の勤務、まことにお疲れさまでした。
ほとんどの方が、私が生まれる以前から、
市役所に勤務され、多くの困難を乗り越え、
また、時に日常の業務に追われ、
現場を歩き、窓口に立ち、ひたいに汗をしながら、
いくつものご功績の残されてこられたことは、
私の市長と言う立場からも、
また個人としての思いからも、
尊敬と感謝の念に堪えません。
みなさんの残されたご功績とご努力は、
けっして消えるものではありません。
私たちとしては、しっかりと皆さんの仕事を引き継ぎ、
さらに発展させていく使命を感じています。
今後も、ぜひ横須賀市の行く末を
あたたかく見守っていただければと思います。
そして、みなさんにおかれましては、
健康に留意され、
これからの人生を謳歌していただきたいと思います。
「まだまだ働ける」
そういう実感が皆さんの中にはおありだと思います。
また旅行や趣味への時間も、
多くとることもできると思います。
ボランティアや地域社会への貢献なども
考えてらっしゃる方もいるかもしれません。
ぜひともとらわれのない自由な発想で、
これからの人生を楽しんでいただければと思います。
最後になりますが、重ねて、重ねての感謝を申し上げ、
挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ