活動日記

自衛隊横須賀病院視察

2010年6月19日視察・出張

昨日は、午前中に、田浦にある
自衛隊横須賀病院に視察にお邪魔しました。
そもそものきっかけは畑田病院長のお人柄に
私が無理を承知でお願いをしたことでした。
(写真右が畑田病院長、左が大草副院長)
なにより平成11年から、
一般の方々にも利用可能な病院となっていますので、
医師不足が叫ばれる昨今、
貴重な地域医療を支えていただいている現場を
しっかりと見ておきたいという想いからでした。
すでに二次救急の輪番制に、医師会の理解もあって
参加をいただいていまして、
救急患者の受け入れには、たいへんなご尽力をいただいています。
特に、昨年より救急告示病院として指定を受けたことや
北部共済病院の共済病院の分院化などにより、
救急搬送や受診者が増えているそうです。
自衛隊の病院という性格上
「もしものときのこと」を考えると、
積極的に患者さんを集めてベッドを埋めようとすることは難しいのでしょうが、
それでも3割以上の方々が一般市民の利用者だそうです。
同時に関東自動車の工場跡地も視察させていただきました。
ここには長瀬の潜水医学実験隊などが移転が決まっていますが、
病院本体の移転計画なども議論のテーブルには上がっているようです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ