活動日記

自衛隊潜水艦研修視察

2010年7月3日視察・出張

昨日は、横須賀の潜水艦を研修視察してきました。
杉本正彦自衛艦隊司令の事前の計らいにより実現したものですが、
現場でも、わざわざ永田美喜夫潜水艦隊司令官が心配りいただき、
停泊中の「おやしお」を視察させていただきました。
米軍の横須賀基地内にあるバースにて、
記念撮影を行った後、ハッチから中に入らせていただきました。
30分以上のブリーフィングでは、
隠密行動の重要さを中心に、
潜水艦の構造や歴史的経緯などをお聞きしました。
その後、艦内を見学させていただいたのですが、
陸上での生活と比べると、やはり「狭い」というのが
率直な感想です。
3段のベッドに寝てみましたが、
寝返りしたら落ちてしまいそうなスペースです。
トイレもシャワーも(お風呂はありません)、
清潔に掃除されてはいるのですが、やはり窮屈に感じました。
このような状況の中で
作戦行動を黙々と行っている皆さんに
心から敬意を表する次第です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ