活動日記

企業視察してきました

2010年8月18日視察・出張

先日、横須賀市内の工場を視察してきました。
テレビやCMなどでメジャーな企業ではありませんが、
市内でしっかりとした技術力をベースに
堅実な経営をおこなっている工場でした。
この技術力、ものづくりの伝統というものを
市としても、活かしていきたいですし、
応援をしていきたいと思っています。
今回視察した企業は、
市の企業支援を受けて新規の設備投資を行っています。
さらなる受注拡大に向けて頑張っていただきたいと思います。
写真を取る時間が少なかったのですが、
こちらは、電車の運転席のドアを
ほぼ手作りで作っている製品の作成過程です。
新幹線の天井パネルやトイレ、
在来線の袖仕切や窓など、
見たことはあるけれど、
どこで作っているか意識すらしていなかった製品が
こうした現場でつくられているということを
あらためて気付かされました。
また「治具」という工作機械を
顧客となる工場の仕様に合わせて作成している
企業の現場も見せていただきました。
細かい作業工程に併せて柔軟に設計を行う
高い技術力が評価されているということでしたが、
一方で、技術の流出を防ぐためにも
セキュリティの強化にも配慮をしていらっしゃいました。
いづれも、市として大切な資源であることは、
現場を歩いて把握することができました。
これからも多くの現場を訪れて行きたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ