活動日記

道路関連の要望活動

2010年8月24日シティーセールス

道路関連の要望活動に行ってきました。
副大臣から、担当の課長まで
要望書と地図のセットを
できるだけ手渡しで、そして話を少しでも聞いてもらいながら
歩いて回る、まさに「営業活動」です。
国土交通省内をバタバタと遠慮なく走り回って
部長や県の職員と「営業、営業」と掛け声をかけ合っていたのは
まさに、私たちです。
今回要望したのは、
横須賀市が中心となって
「三浦半島地域広域幹線道路整備促進期成同盟」という
団体を結成しているのですが、その団体で取りまとめた内容です。
とくに国道357号の南下延伸は、
観光客誘致、企業誘致、港湾・物流機能の強化、
災害時のアクセス道路など、
様々な観点からも必要なことですので、
力を入れて説明をさせていただきました。
具体的な要望項目は、下記の通りです。
①国道357号について、都市計画決定区間(横浜市八景島-横須賀 市夏島町)の早期整備及び南下延伸区間の早期具体化を図ること。
②三浦縦貫道路Ⅱ期区間の早期整備及び同道路と直結した一体的機能をもつ都市計画道路西海岸線について早期事業着手すること。
③三浦半島中央道路の北側区間(都市計画決定区間)及び 南側区間(都市計画未決定区間)について早期事業着手すること。
④海岸線(逗子海岸)の自然景観を復元するため、国道134号の地下化の実現可能性について研究すること。
⑤横浜横須賀道路や既存の有料道路をより利用し易くするため、料金引き下げ等料金施策の見直しやスマートインターチェンジの整備などを積極的に推進すること。
⑥真に必要な道路整備を着実に推進するため必要な財源を確保する制度の充実を図り、所要の整備費を重点配分すること。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ