活動日記

さいか屋跡地を一条工務店が取得しました!

2010年12月17日速報

横須賀の中心市街地の、さらにその中心でもあった「さいか屋大通り館」。
5月に閉館されてから、中央の商店街の方と話をするたびに、必ずと言っていいほど話題に上ってきました。さらに市への期待も、強く感じてきました。

先日、83歳の方の話を聞く機会がありました。その方の干支は、私と同じウサギ年で、4まわりも世代が違います。子どものころから、なにかにつけ「さいか屋さん」に買い物に行くのが楽しみで仕方がなかった、親になり子どもを連れて買い物に行くのが誇らしかった、孫ができプレゼントを買ってあげるのもさいか屋なら間違いがなかったといったことを、目を細めながら話してらっしゃいました。

これまでの間、さいか屋がADRと呼ばれる裁判外紛争解決手続を取っているということもあり、なかなか表立っての応援ができなかったのですが、このたびハウスメーカーの一条工務店が、大通り館の跡地に進出していただけることになりました!

現在、商業施設複合のマンションを計画されているということで、旧大通り館と同じくらい中央地区での象徴的な存在になると思っています。隣の西友を中心とした大滝町の再開発も準備が進んでいまして、中央地区のにぎわいが一気に加速しそうな予感です。


多少、明るい気持ちで年を越せそうな気がしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ