活動日記

被災地支援に自転車をお届けしました

2011年6月2日災害対応

石巻市と気仙沼市で被災された方々に利用してもらうため、放置自転車のうちリサイクル自転車として利用可能なものを、リサイクル自転車協力店会のみなさんの善意で、実費で修繕していただき、運搬する方も善意の気持ちのある方で、合計38台をお届けしました。


横須賀市もリサイクルに回せば多少の収入になりますが、ここは横須賀のまち全体を挙げて支援の輪を広げることが大切です。自転車商組合の皆さんのご理解とリサイクル自転車協力店会のご協力に感謝です。

横須賀市では「困った時はお互いさまプロジェクト」として、被災地の支援を特に3つの分野で行っています。

①今回の自転車や海軍カレーをはじめとした物資の提供、②消防や福祉などの分野の職員の派遣、そして③被災者の受け入れです。
現在、被災者の方々の受け入れは、市営住宅で8世帯、33人。また、6カ月程度家賃無料で提供可能な民家をご登録いただいているのですが、そちらには、5世帯12人の方々が入居されています。
私からは、被災した岩手・宮城・福島の県知事にお手紙で被災者の受け入れ体制が万全である旨、ご連絡しているところですが、思ったほど避難される方が少ないというのが印象ですが、これは「ふるさと」を大切にする風土があるからでしょうか。

また、横須賀市では避難してきた方々の情報を受け付けています。これは、全国で取りまとめる必要があるため(全国避難者情報システム)です。
別途、相談窓口を開設し、手続きなどでたらいまわしにならないように、ご案内しています。もしもお近くに避難されてきた方がいらっしゃいましたら、
どんな些細なことでも結構ですので、ぜひご相談ください。
・場所:横須賀市役所本庁舎 市民相談室(本館1階31番窓口) 
・日時:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時 
・お問合せ電話番号:046-822-8136(直通)  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ