活動日記

横須賀ゆかりの「なでしこ」にスポーツ大賞を!

2011年7月29日速報

 先日の「なでしこジャパン」の活躍、本当に素晴らしかったですね。
私は、生まれて初めてスポーツの試合を見て涙しました。あきらめない姿勢、チームを信頼する気持ち、そして個々人の選手の能力。すべてが絡み合って、あの栄冠を手に入れることができたのだと思います。

日本全国に感動を与えた「なでしこジャパン」のメンバーには、横須賀ゆかりの選手が3名いらっしゃいます。

DF近賀ゆかりさん、DF矢野喬子さん、FW大野忍さんの3名の選手です。3名とも横須賀シーガルズFCというサッカーチームに所属して、若いころから活躍され、さらに近賀選手と矢野選手は、横須賀にある湘南学院高校で、女子サッカー部に入って活躍していました。
実は、私が試合を見たのも湘南学院で、現役の女子サッカー部の生徒や監督・OB・保護者の皆さんと一緒に応援をしていました。とくに木村監督は、ご自身も女子サッカーを大学時代にやってらっしゃった優秀な指導者で、彼女の存在もなでしこジャパンの活躍に大きく影響を与えているのでは、と感じました。

(一番左が木村監督)

話を戻しまして、この3名の選手には、横須賀市として「スポーツ大賞」をお贈りしたいと思います。「スポーツ大賞」とは、世界で1位から3位の成績に入った方々」という形で定められています。これまで、アテネ五輪セーリングの関一人さんと轟賢二郎さん、ソフトボールの高山樹里さん、北京五輪ソフトの西山麗さんの計4選手にお贈りしてきました。

直接お渡しするのがいつになるかはまだ分かりませんが、大賞に値する活躍(いや、それ以上!)だと思います。謹んで表彰をしたいと思います。

なでしこジャパンの活躍をきっかけに、希望を持ち続けることの大切さを学ばせて頂きました。
ほんとうにありがとう! なでしこジャパン!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ