活動日記

東日本大震災から1年

2012年3月12日災害対応

東日本大震災が発生してから1年が経過します。
ご遺族の方々、行方不明の方の帰りを待つ方々のお気持ちを察するたびに、胸が締め付けられる思いがいたします。あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた皆さまへ心からのお見舞いを申し上げます。被災地への支援も、困った時はお互いさまの気持ちのもと、引き続き息の長い支援を行ってまいります。

また、今回の震災・原発事故によって、多くの方々がふるさとを離れることを余儀なくされました。ふるさとが、いかに忘れ難きものであり、心のよりどころであったかを、本市に避難されてきている方々からお伺いするたびに、ふるさとの大切さを痛感しています。

私たちは、このたびの大震災から、災害への備えに関し多くの教訓を得ました。このような教訓を踏まえ、「ふるさと・横須賀」のさらなる防災体制の強化に取り組んでまいります。昨日も、震度6強の地震を想定し、市役所の全部局参集のもと、災害対策本部の運営訓練を行いました。市民の皆さんにおかれましても、この機会にあらためて身の回りの防災対策を見直していただき、災害に強いまちづくりにご協力をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ