活動日記

■「いのちの基金」スタート!■

2012年7月8日政策集(マニフェスト)

昨年度末に議会で議決をいただきました「いのちの基金」。

市民の皆さんの「いのちを大切にしたい」という気持ちと、
市役所の「いのちを大切にしていく」という姿勢とを
一つにする取り組みとして、スタートさせます。

具体的には、
市民の皆さんからの寄付と同金額を、
市からも拠出し、あわせて基金に積み立てて、
それを、いのちを大切にする事業に充てていきます。

今年度は、その基金でどんな事業をやるかと言うと、
・不育症治療費の助成
・看護師離職防止研修
・産科医師確保経費の助成
です。

とくにお伝えしたいのは、不育症についてです。
「不育症」は、赤ちゃんを授かるけれども流産してしまいやすい病気ですが、
今では80%以上の確率で、出産が可能となる治療法が確立されています。
ただ「不育症」の存在を知らない人たちからは、
流産や死産が続く結果を、
お母さんの生活態度や家柄などにの「せい」にされてきました。
治療法が確立されたとはいえ、その治療費は高く、
まだまだ不育症に対する認知が進まない中で、
もっと市民の皆さんに知っていただくとともに、
治療費の補助を、この基金から出していきたいと思っています。

ほかにも、看護師の方が、結婚や出産をきっかけに
辞めてしまわないよう、研修制度を充実させることや、
産科のお医者さんを確保するための補助金などの
財源にしていきたいと思っています。

寄付の方法は、次の通りです。
①市役所などの窓口への持参
(市役所、行政センター、ウェルシティで受け付けています)
②金融機関での振り込み
(事前の申し込みが必要です)
③現金書留による郵送 ④募金箱での寄付
(市内医療機関にお願いしていきます)
⑤郵便局(ゆうちょ銀行)からの振り込み

ぜひ、多くの皆さんの善意をお待ちしています!

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ