活動日記

■無理と無駄のないスマートな節電を!■

2012年7月17日速報

横須賀市では、「無理と無駄のないスマートな節電」を市の取り組み姿勢として、今年の夏の節電対策を実施します。

昨年の夏の取り組みを生かし、さらに発展させながら、電気使用量の削減を目指します。
とくに節電へのきっかけや意欲を高める「よこすか節電チャレンジ」や「夏休みエコチャレンジポイント」などの新しい事業を開始し、市民の取り組みを応援していきます。

今夏の新たな取り組みとして行う「よこすか節電チャレンジ」ですが、7月~9月の電力使用量が、昨年または一昨年を超えなかった市民に、抽選で50人にLED電球をプレゼントいたします。
また電力の見える化機器の貸し出しもあわせて行います。家庭にある電気器具や、建物全体の消費電力を測定するための機器の貸し出しを行う予定で、コンセントに取り付けて家電の消費電力を測定する「ワットモニター」や、分電盤(ブレーカー)に取り付けて家や建物全体の消費電力を測定する「省エネナビ」などが対象です。ほかにも「打ち水セット」の貸し出しも行うのですが、バケツとひしゃくだけでなくて、地表面の温度をボタン一つで測ってくれる温度計もセットです。
お申し込みはこちらのサイトから→ http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4110/k-ondanka/information.html

また、小・中学生向けの取り組みとして「夏休みエコチャレンジポイント」を初めての試みとして実施します。モデル校2校で、学校での節電の取り組みと夏休みの家庭での取り組みをポイント化し、獲得したポイントに応じて、学校が希望する体育用品や物品をプレゼントすると共に、家庭での取り組みが優良な児童を表彰し、省エネや節電の取り組みへの意欲を高めることを目指していきます。

節電は、無理せず、無駄せず、で、熱中症などにならいないよう、無駄遣いしないよう、進めていきましょう!

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ