活動日記

■ゴーギャン、ピカソ、マグリットの作品が横須賀に!■

2012年7月24日美術館・図書館・博物館

またまた横須賀美術館の企画展のお知らせです。

先日「ラルク・アン・シエル展」が終了したばかりですが、今度は7月21日から、ゴーギャンやピカソの作品を、横須賀で楽しんでいただける企画展を開催しています。フランスのストラスブールの近・現代美術館のコレクションを中心に、59作家、83点を展示します。

いろいろな仕掛けも用意しています(笑)。
たとえば、夏休み中の子供連れのご家族にも、楽しみながら鑑賞いただけるように、「子ども用セルフガイド」や「スタンプラリー企画」などを用意しています。
そのほか、小さなお子さまにも喜ばれる“さわってあそべる”作品展示として、所蔵品展の特集展示「ニョロの森―関野宏子の世界―」を同時に開催しています。こちらも、実は見所(触りどころ?)満載です。ご家族で半日はお過ごしいただけること、間違いなしです。その後、地産地消登録ショップなどでご飯を食べていただけると、一番嬉しいです(笑)。 また、市民優待として「市民サービスデー “ワンコインでピカソ!”」を用意いたしました。横須賀市民の方は、8月18日と25日の両土曜日は500円で観覧いただけます。 9月2日(日)までですが、8月6日(月)だけは休館日としています。
観覧料は一般900円、高校生・大学生・65歳以上700円ですが、市内在住または在学の高校生、中学生以下は無料です。

お待ちしています!

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ