活動日記

■首長ネットワーク立ち上げへ!■

2012年9月6日首長交流

少し前から事務局として参画し、設立に向けていろいろと仕込んできました。

グロービスという日本版ダボス会議の設立を目指す経営大学院と、三重県鈴木知事千葉市熊谷市長と私とで、事務局となって、アントレプレナーシップをもった首長を集めたネットワークを立ち上げることになりました。

設立会合には、事務局の3首長のほか、尾崎正直高知県知事古川康佐賀県知事仲川げん奈良市長秋山浩保柏市長樋渡啓祐武雄市長が出席してくれました。ほかにもすでに数人の首長にネットワークへの参画を約束していただいています。

(手前から、熊谷千葉市長、私、グロービス掘代表、川崎事務局スタッフ)

 

(右手前から、尾崎高知知事、古川佐賀県知事、仲川奈良市長、秋山柏市長、樋渡武雄市長)
(写真は、市公式サイトをFacebook化したことで有名な武雄市さんからご提供いただきました)

まだマスコミ発表などをするような段階ではありませんが、具体的な行政課題をベースに、「学び」、「発信」し、「つながり」をもつ、実のあるネットワークにしていきたいと思っています。あ、もちろん「政局」とは一線を画して、「政策」をメインに動きます。

会合の際に出た話題も、盛りだくさん。
・どうやったら定年まで仕事を保証された職員をモチベートすることができるか、人事委員勧告の制度や定年延長の議論などといった課題をどう乗り越えるか。
・今後導入されていくマイナンバー制度を使って、より効率よく行政サービスを行えないか。
・経営の第一線で働いている人から見た行政課題の解決方法はどのようなものか。
武雄市の樋渡市長からは、参加者の度肝を抜くような新規事業について、紹介いただきました。こちらは、検討段階の案件ということで、まだ公表できません、悪しからず。。。

多くの自治体から頼りにされるような、そんなネットワークを志向しながら、進めていきたいと思います。

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ