活動日記

■70歳と15歳との共演■

2012年10月23日行事・集客

ちょっとほかに無さそうな企画なので、情報提供です。

今度の日曜日(10月28日)、馬堀中学校15期(65歳)から11期(70歳)までの卒業生17名で構成されたオーケストラと、馬堀中学校吹奏楽部の生徒が共演します。

70歳の15歳との共演。
これは、OBからの提案で実現しました。
昭和30年、当時の馬堀中学校にヴァイオリンクラブが誕生しました。クラブには元首相の小泉純一郎氏(10期)も所属していました。初めてヴァイオリンを手にした中学生は、仲間と弦楽合奏する楽しさを学び、中には中学校卒業後もNSOの楽団名で演奏活動を続ける者もいましたが、数年間で活動は立ち消えになっていました。しかし、その中学生が50代半ばを過ぎた頃、もう一度あの頃の仲間で演奏をしたいという呼びかけから、平成13年(2001年)、NSOの再スタートとなりました。現在のNSOのメンバーは馬堀中学校第11期(70歳)から15期(65歳)までの卒業生17名からなるオーケストラです。
今回NSOのメンバーによる「孫のような後輩達と一緒に演奏ができたらすばらしい」という思いから、共演が実現しました。現役の吹奏楽部の生徒は、「おもちゃ交響曲」の中でおもちゃを楽器として担当し、演奏する予定です。

入場は無料ですので、どうぞ足をお運びください

日時:平成24年(2012年) 10月28日(日)

時間:14:00開演  (13:00開場)

場所:ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

 

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ