活動日記

■財政白書を作成しました■

2012年11月28日政策集(マニフェスト)

横須賀市では、平成23年度から25年度までを計画期間とする「財政基本計画」を策定し、財政の健全化に取り組んでいます。これまで、具体的なシミュレーションに基づいた財政計画を持たずに財政運営がされていた訳ですが、持続可能な財政運営を行っていく上で本来であれば必要不可欠なものです。また、市民の皆さんにとってみても、横須賀の財政がどのような状態にあるのか、まったく知らされないままに、ただ「財政が厳しい」と言われても、いまいちピンと来ないと思います。財政再建を行っていく上で、まず前提として作らなければならないと考え策定し、現在はその計画に基づいた財政運営を行っています。

とは言っても、計画を作りっぱなしにして、その年ごとの財政運営が計画通りに行われているかを、市民の皆さんにお知らせしていかなければ、意味はありません。
そこで、平成23年度決算を終えて、本市の財政が、どのような状況にあるのか、また、財政基本計画の数値目標が、どの程度達成できているのかを市民の皆さんにお知らせするため、新たに「横須賀市財政白書」を作成しました。
白書作成にあたって工夫したポイントとしては、
(1) ポイントがつかみやすくなるようグラフを多用
(2) 市の財政を家計に置き換えて説明
(3) マスコットキャラクター「スカリン」による説明
(4) 他都市との比較
といったことを意識しました。
わかりやすい表記も意識しましたので、ぜひご一読をお願いします!
ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ