活動日記

■YRPで「eCall Day in Yokosuka」を開催しました!■

2013年1月18日シティーセールス

先月の19日、横須賀リサーチパーク(YRP)で、「eCall Day in Yokosuka」を開催しました。

海外にいる友人が記事を見つけてくれたので、皆さんにも改めてご報告です。
http://www.businesswire.com/news/home/20130102006045/en/Gemalto-Yokosuka-Telecom-Research-Park-Fujitsu-Ten

「eCall」。聞き慣れない言葉だと思います。
実は、日本で必要とされているシステムではありません。これはヨーロッパやロシアで、導入されることが決まっているシステムです。
どういうシステムかと言うと、自動車衝突事故時に位置情報等を即座に通報するシステムで、今後ヨーロッパやロシアでの新車には、装備が義務づけられるようになります。
では、なぜ横須賀で開催することが出来たかと言うと、そのシステムに使うGSMと呼ばれる通信方式の電波を発射する実験環境が、国内では唯一YRPに整っているからです。

つまり、日本の自動車メーカーが、今後ヨーロッパやロシアに自動車を輸出する際、かならず「eCall」のシステムを搭載していなければならず、その実験やテストを行うことが出来るのは、日本で横須賀だけだということです。
その実験環境や諸外国の動向の紹介をするために、「eCall Day in Yokosuka」を開催いたしました。

開催にあたってシンテリオンワイヤレスモジュール、富士通テン株式会社、ITS Japan、そして総務省などから、たくさんのご協力をいただきました。ありがとうございます。

DSC_0073

当日は、自動車メーカやカーエレクトロニクスメーカ各社の出席で、YRPがごった返していました。
日本からの自動車産業の輸出拡大のためにも、この実験環境を積極的に売り出していきたいと思います。

 

DSC_0140

 

なお、eCallに関するセミナーとしても、たぶん欧州以外で開催されたのは、今回が初めてだと思います。ですから、セミナータイトルを「eCall Day in Japan」としても良かったのですが、移動通信技術発祥の地であるYRPを持つ横須賀市をアピールするために、「eCall Day in Yokosuka」とさせて頂きました(笑)。

今年のこの時期には、町中での実験についても検討していきたいと考えています!

 

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ