活動日記

■「打って出る」、市の職員が講座講師に■

2013年2月20日市役所(市民の役に立つ所)

 

横須賀市でも、市民講座は「市民大学」というタイトルでたくさんやっています。とはいいながら、ただ外部から講師を呼んでくるだけでは、どこにでもありがちな講座になってしまいます。そこで、横須賀市は、ボランティアによる「講座の企画運営スタッフ」を養成してきました。

そのスタッフの皆さんとともに企画した講座が「職員が講師」の講座です。
市民の皆さんに横須賀市がかかえる課題や本市の行政について知っていただき、主体的にまちづくりを考える機会を提供することを目的として実施する講座、というねらいです。

講座は、2つ企画しています。
・3月8日(金)13:30~15:30
「横須賀市のめざすまちづくり ~現状と課題をふまえて~」
「市民協働によるまちづくり」

・3月15日(金) 13:30~15:30
「横須賀市のごみ処理について ~循環型社会への取組みについて~」
「環境教育・環境学習の推進について ~環境教育指導者の派遣の事例など~ 」

会場は、横須賀市生涯学習センターの第2学習室です。
応募は、横須賀市生涯学習センターホームページからお申し込みになれます。
http://www.mmjp.or.jp/shogaigakushu/sub_new/22_syakai/sirukouza2012.html
(もちろん託児サービス(500円)もあります!)

ぜひ、聞きにきてください!

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ