活動日記

■公共施設の屋根貸し太陽光発電はじめます■

2013年3月1日市役所(市民の役に立つ所)

先日、公共施設の屋根を有料で貸し出して、太陽光発電をしていただく事業者が決まりました。

太陽光発電は「再生可能エネルギーの導入」を促進します。これはもう、私が言うまでもありません。けれども今回は、それだけではなく「災害時などの非常用電源確保」や「公有財産の活用と新たな財源の獲得」の一挙両得を図ろうと、市の公共施設の屋根を太陽光発電事業者に貸し出すために、事業者の公募をしました。

このたび、その参加事業者を募集し審査した結果、発電事業者が決定しました。
屋根を貸す施設は、北下浦市民プラザ、教育研究所・南図書館、根岸小学校C棟、池上中学校C棟、大矢部中学校、養護学校の6施設です。面積や日当りなどを考えて選びました。

その結果、6施設すべてが、「グッドエネジー株式会社と株式会社美濃屋山村電気による共同事業体」に決定しました。とくに美濃屋山村電気さんは、横須賀の事業者さんですから、地域経済にも貢献する結果になりました。

メガソーラーの誘致も進めています。いま横須賀市内では2件ほど具体的にすすんでいます。
再生可能エネルギーの導入促進は国家レベルで考えるべき話ではありますが、自治体でやれることはやっていこうと思います!

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ