活動日記

■「Yokosuka Port Market」オープン!■

2013年3月13日シティーセールス

市役所から見て海の手にある新港ふ頭に、地元でとれた旬の農水産物を提供するための道の駅的な施設「Yokosuka Port Market(よこすかポートマーケット)」がオープンしました!

DSC_0218

東京湾や相模湾の恵まれた環境で育った、新鮮で豊富な魚介類を皆さんに味わっていただきたいという思いを込めた、新しい地産地消の拠点です。

 

DSC_0213

10時のオープン時には、ながーい行列ができました。

 

新鮮な魚やわかめ(今が旬!)、船の操業から販売まで一つの会社が一貫して扱う冷凍マグロに、一昨日から漁が解禁になったシラスなどなど、魚介類がところせましと並んでいます。

DSC_0200

マグロも安いし、美味しい。そして、活気のある、かけ声がすばらしい。

 

DSC_0163

わかめも、横須賀の色んなところで採れるんです。

 

DSC_0197

しらすも佐島から!

 

DSC_0162

横須賀で水揚げされた珍しい魚も売ってます。

 

もちろん、それだけではなく、他ではなかなか手に入らない三浦葉山牛のモツやテールなどの希少部位や、横須賀でとれたお肉をつかったお惣菜などの畜産も元気です。野菜も、出来る限り横須賀・三浦半島産をメインに、市民のみなさんの献立に応えるために品数豊富に取り揃えています。お土産やパン、ジェラードなどもあり、とにかく、一度来てみてください。

DSC_0180

葉山牛がぎゅーっと並べられてます(笑)。

 

DSC_0172

三浦大根をはじめとする地場さん野菜もたくさん!

 

DSC_0156

ジェラードも「春キャベツ」、「チェリーチーズケーキ」などなど、種類も豊富で、横須賀の酪農家から仕入れた牛乳を100%使ってます。

 

DSC_0169

また、買った魚をその場で調理してもらって食事することも可能ですし、横須賀の地の産品を国際色豊かに提供するレストランも併設しています。地場野菜たっぷりの切り売りピザを、出来立てで食べるスペースもあります。猿島への航路チケットの取り扱いもあるので、猿島や記念艦三笠に足を伸ばすきっかけにもなります。

その他にも、米海軍のベースの中では、新鮮な野菜や魚が手に入りにくいということですので、2万人の米海軍で働く人を「消費者」にするために、英語表記やキャッシュカード決済などにとりくんでいます。

場所は、横須賀市新港町6番地、営業時間は10時~19時(飲食ブースは11時~21時)。定休日は、月曜日(祝・休日を除く)です。電話番号は046-823-1967です。

 http://www.portmarket.e-yokosuka.jp/index.htm

ぜひぜひ試食だけでも結構ですから、横須賀の旬の産品を味わいにきてください!


DSC_0194

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ