活動日記

■マニフェスト評価の結果■

2013年6月5日政策集(マニフェスト)

 

マニフェスト評価の結果を新しいウェブページにアップしました。
https://yuto.net/?page_id=1887

先日、前回の市長選挙で掲げたマニフェストの最終評価大会なる行事が開催されました。これは「横須賀青年会議所」という若手のまちづくり団体が主催し、外部の専門家の目でマニフェストの実施状況を評価するというイベントです。実はこのような「外部評価」は、市長任期の折り返し(2年前)にも開催されました。中間評価、という位置づけで実施されたわけです。そのときの点数は「59.3点」でした。2年経過時としては、まずまずの評価というところでしょうか。

実は、任期折り返しの同じタイミングで、マニフェストの中身も修正しました。どうしても財源が手当てできないもの、事実認識が違っていたもの、議会の反対にあったもの、などの観点で見直しを行い発表いたしました。私としては、軌道修正が必要なことは、現場の声をよく聴きながら正直に見直すことが、市民の皆さんへの誠実な姿勢と考えました。

そして今回は最終評価です。当然、点数が気になります。

結果は「75.7点」。

評価を担当した方からは、次のようなご意見を頂きました。

・この数字は3年間の活動という評価としては、及第点である。(及第点とは「試験や審査に合格すること」という意味がある)。
・1005点満点で761点という結果である。総合評価としては、「及第点を与えられるがギリギリ」という感じである。
・各行政分野で大きな差があった(28点差)。なぜ、進まなかったのかを考え、次にいかすことが重要である。

少し、厳しめの評価、といったところでしょうか。

私としては、この評価結果を誠実に受け止めて、ぜひとも次につなげていきたいと強く思っています。

この評価の際に使用した資料などをウェブページにアップしていますので、どうぞご覧いただければと思います。

https://yuto.net/?page_id=1887

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ