活動日記

■横浜F・マリノス × 横須賀市立図書館コラボレーション!■

2013年10月2日スポーツ・文化美術館・図書館・博物館

 

横須賀市の児童図書館で、横浜F・マリノス選手11人の思い出の絵本を写真・コメント入りで紹介します! 実は、この横浜F・マリノスとのコラボ企画は第2弾。

第1弾の企画としては、7月13日(土)開催の横浜F・マリノス ホームタウン感謝イベント~横須賀City Special~(大宮アルデージャ戦)の応援のために、『横浜F・マリノスコーナー』を図書館に設置していました。
今回、児童図書館では、冊子『どの本よもうかな?第80号』(10月11日より配布開始)で、選手11人の思い出の絵本を写真・コメントとともに特集しました。子どもの頃に読んだ時の気持ちや、思い出がたくさんつまっていて、横須賀市をホームタウンとする横浜F・マリノスの選手たちを身近に感じることができる冊子になっています。紹介している絵本は11月末まで、児童図書館に選手のユニフォームとともに常置し、ご来館の際にはいつでもご覧いただけます。
ちなみに、横須賀出身の熊谷アンドリュー選手の選んだ絵本も掲載されています!
(掲載選手:天野貴史、栗原勇蔵、小椋祥平、兵藤慎剛、齋藤 学、小林祐三、熊谷アンドリュー、比嘉祐介、端戸 仁、中村俊輔、富澤清太郎)

また、11冊の絵本の読み聞かせについては、10月26日(土)4冊、11月2日(土)3冊、23日(土)4冊の予定で、おはなし会を実施します。

優勝目指して、がんばれ! 横浜横須賀F・マリノス!!

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ