活動日記

■ごみ処理施設建設工事の事業規模と発注方法について■

2014年1月9日速報

昨日の記者会見で、掲題の件を発表いたしました。
約300億円規模の公共事業ということで、20年前の芸術劇場以来の大型事業です。三浦市と共同で行っていく事業ですので、まず最優先事項としては平成31年度の稼働開始です。
ただこれだけの規模の公共事業ですから、できるだけ地元にお金が落ちるようにしなければいけないと考えています。
大まかな分類は下記の通りです。
◆ごみ処理施設建設発注:約245億円
・プラント、建築、造成、設計を一括発注
・契約方法:技術提案型(性能発注方式)一般競争入札
・10億円を市内事業者に下請発注(材料購入費を含む)することを条件
◆市内発注:約27億円
・新設道路工事、発生土埋立工事、積替保管施設建設工事、上下水道工事等
◆その他発注:約25億円
・道路設計業務、環境アセスメント関連業務、ごみ処理施設建設工事管理業務、用地買収等
◆合計:約297億円
工事の着手については、環境アセスメントが終了する平成26年10月以降、速やかに行います。なお、一番規模の大きいごみ処理施設建設工事は、平成27年3月までに請負者を決定する予定です。平成31年度稼働に向けて、工事を速やかに発注し、早期稼働を目指していきます!

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ