活動日記

■米原子力空母ジョージワシントンの交替について■

2014年1月15日速報

 

本日、外務省の日米地位協定室長から、米原子力空母ジョージ・ワシントンが燃料交換のために横須賀を離れ、替わりに空母ロナル・ドレーガンが横須賀に前方展開することが決定された旨の報告を受けました。

日米地位協定室長の発言を以下のようなものでした。

「空母「ロナルド・レーガン」は、「ジョージ・ワシントン」と同じニミッツ級の空母であり、東日本大震災の際にトモダチ作戦に従事した艦船であること」
「今回の交替に当たり、港の浚渫や拡充は必要ない。配備済の航空団に変更はない」
「乗組員を始めとする関係する米軍人の人数に大きな変動はない」 「時期については、2015年後半に、空母「ジョージ・ワシントン」は横須賀を離れ、空母「ロナルド・レーガン」が横須賀に入港する予定である」

これを受けて、私からは次の点を要望しました。

「原子力空母の交替は、今回が初めての事であり、市民の安全・安心を守る立場から、空母「ロナルド・レーガン」についても、「ジョージ・ワシントン」と同様に、これまでの米側のコミットメントがしっかりと堅持されることについて、米側に確認してほしい」
「原子力艦防災対策に関して、現段階における国としての回答をきちんとした形で示してほしい」
「米海軍関係者の事件・事故についての市民の不安を払しょくするためにも、再発防止と教育の徹底について引き続き取り組むよう、米側と協議を続けてほしい」
「空母が事実上母港になっている本市の役割について、政府として正当に評価してほしい。このことについて、関係省庁と情報を共有し、政府全体として負担軽減にしっかりと努めてほしい」

日米地位協定室長からは、私からの要望を外務大臣を含め正確に報告するとともに、誠実に対応していくという応答がありました。多くのリクエストをしましたが、日米地位協定室長に伝えた通り、原子力空母の交替というのは、横須賀市にとって初めてのことですから、当然のことです。安全対策や防災対策について、国からのしっかりとした回答がなされなければいけないと考えています。

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ