活動日記

■「空き家バンク」立ち上げました!■

2014年3月28日シティーセールス

市役所が不動産業をやる、という訳ではないのですが、不動産取引がなかなか進みづらい谷戸の空き家の流通をサポートするために、モデル地区を定めて空き家バンクを立ち上げました!

谷戸(やと)と呼ばれる地域は本市特有の地形で、車の入れない階段道路が多いため、不動産市場の流通に乗りづらく、空き家・空き地が数多く見られます。けれども一方で、谷戸の自然豊かで閑静な住環境や、購入しやすい価格帯あるいは低額な家賃であることはアピールできるポイントです。そこで、子育て世帯や学生など、階段を苦にしない若い世代の入居を促すことで、空き家解消を図るべく、市のホームページで「空き家バンク」として紹介を行うこととしました。 まずは、汐入町5丁目2区をモデル地区として、原則、不動産業者が取り扱わない土地・建物の売却・賃貸を対象とします。

すこし面白いのが、不動産業者への依頼物件であっても「町内会事業に協力する学生への割引」などがあれば、掲載できる規定にしました。
ほかにも4月からは、谷戸地域住環境対策事業の補助メニューを立ち上げます。これがまた面白い補助が多くて「谷戸の空き家バンクリフォーム助成」、「谷戸の空き家解体助成」、「谷戸の空き地測量助成」、「谷戸の菜園助成」、「高齢者の平地転居助成」といったメニューを組み合わせて活用することができます。
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4805/yatobank/test-top.html

物件の「仲介や媒介」を行う訳ではありませんが(つまり不動産業をやる訳ではありませんが)、ぜひ横須賀の谷戸に多い空き家を若い世代に選んでもらうための取り組みを、ドンドン行って行きたいと思っています!

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ