活動日記

■横須賀総合高校生、1人1台タブレット型パソコンを導入■

2014年4月13日子どもが主役になれるまち

先日、入学式に出席してきました横須賀総合高校。横須賀市立の唯一の高校となって12期生を迎え、干支が一巡した形になります。そんな節目の今年から、高校生1人1台タブレット型パソコンを導入することになりました! しかも、Google Appsを使っていつでもどこでも情報共有ができるようになりました。

実は、これまでも横須賀総合高校(全日制)では、情報教育を教育の柱の一つと位置づけ、無線LANなどの環境を整備し、入学者全員にノートパソコンを導入してきました。けれども、ノートパソコン故の制約や、緊急情報等の連絡についての課題があったので、より効果的かつ多くの場面での情報通信端末の利用を実現するためWindows8 タブレット型パソコンとを導入することとしました!

これで、毎日カバンに入れて持ち運ぶことが可能となり、情報教育以外の授業でも検索端末やノートとして利用しやすくなります。また、自宅でも学校の授業の復習や、学校からの連絡を受け取ることが出来るようになります。

少し、細かい利点として挙げられているのは、

・教科書や資料集などの副教材が電子書籍化されている流れもあり、狭い生徒の机の上でも様々な科目で利用することが可能となること
・カメラ機能を使った記録や、写真や動画を多用したプレゼンテーションが可能となること
・タッチパッド機能を使って書道でのシミュレーションや漢字の書き順練習、自学での小テストなどこれまで取り入れにくかった科目での利用場面が広がること
などですが、他にも様々な活用方法が考えられると思うので、横須賀総合高校を応援していきたいと思います。

ちなみに、導入したタブレットはMicrosoft Surface Pro2(256GB)です。

tablet
手にもっているのが、そのタブレットです!
ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ