活動日記

■「こども政策アドバイザー」が就任しました!■

2014年5月2日子どもが主役になれるまち

 

横須賀市の最大の課題である若い世代の人口流出。これを食い止めるためには、結婚・子育て世代に響く政策の充実と、住むまちとしての魅力を発信して行くことと、2本立てで取り組まなければ行けないと考えています。

そこで、横須賀市の子育て・教育政策を、より子育て世代のニーズに沿ったものにしていくため、そして市外への発信を強力に行って行くために、この分野に精通する3名に「こども政策アドバイザー」としてご就任いただきました。
DSC_5651

ご就任いただいた方は、写真左から
認定NPO法人フローレンス代表理事 駒崎 弘樹さん
株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長小室 淑恵さん
東京大学大学院総合文化研究科 教授 開 一夫さん
の3名です。

4月25日午前中の記者会見で記者発表と同時に、辞令を交付させていただきました。

お三方と一緒に、結婚・子育て世代から「選ばれるまち」を目指し、そのために「子どもが主役になれるまち」という都市イメージをつくりあげていきます!

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ