活動日記

■日本初!?ビッグデータを活用し滞納対策を推進します!■

2014年9月4日市役所(市民の役に立つ所)

横須賀市では、平成23年10月から「市税納付推進センター」を開設し、委託を受けた民間業者のオペレーターが市・県民税が未納となっている初期段階の未納者に対して、電話による納付案内を行っています。

この電話による納付案内について、税関連のビックデータを分析して最適なタイミングを予測する業務を新たに委託しました。

これ、多分、日本初の取り組みです。

委託業者は、アクセンチュア株式会社。
実際の分析業務では、アクセンチュア株式会社が構築した分析処理システムを活用し、電話による納付案内の対象となる未納者の属性情報と、過去に横須賀市が行った市・県民税の納付案内電話の履歴情報から分析モデルを構築し、未納者ごとに最も電話に出ていただける時間帯を予測します。

現在、市税納付推進センターからかけた電話に対して、電話に出ていただけた割合(応答率)は、平成25年度平均で“28.5%”です。市税納付推進センターでは、今回の分析結果を活用して電話をかけることで応答率の向上を図り、さらには業務の効率化および納付率の向上を目指します。このようなビッグデータを活用し滞納対策は、市の担当課が調べた限りでは他の自治体に例がなく、“日本初”だと思います。

もちろん分析を行うデータは、横須賀市において処理を行い、個人を一切特定することができない状態に加工した上で委託業者に貸与します。委託業者は、個人を特定できない状態のデータで分析業務を実施し、かつ終了後速やかに貸与されたデータを横須賀市に返却します。

ちなみに委託業者であるアクセンチュア株式会社には、プロポーザル方式で公募・選考し決定されました。私が働いていたことのある会社ですが、私は選考にはノータッチですから疾しいところはありません。ちなみに委託期間は平成26年8月22日から平成27年3月31日までで、委託金額は税抜きで640万円です。
なお、この業務における実際の分析作業は、本市の友好都市である福島県会津若松市に所在する「アクセンチュア福島イノベーションセンター」にて実施されます。これによって、会津若松市と福島県の産業振興、雇用創出につながり、復興の一助になることを期待します。

私としては、喜んで税を納めていただけるくらい^_^良い市役所づくりをしていきますので、皆さまも、遅れず・漏れず税の納付をお願いします。

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ