活動日記

■横須賀市役所で関東学院大学からのインターンシップ生を受け入れます!■

2014年12月2日市役所(市民の役に立つ所)

今年度から、市役所に、関東学院大学理工学部の学生を3か月間にわたる長期のインターンシップ生として受け入れることとなりました。受け入れ先は土木部道路補修課で、インターンの学生には道路の補修工事の設計から施工、そして完了検査まで一連の流れで体験していただく予定です。
このインターンシップの受け入れ実施にあたり、10月27日に関東学院大学の規矩大義(きく・ひろよし)学長に横須賀市役所までお越しいただいて、協定締結を行いました(写真)。
DSC_8612

DSC_8630

この協定締結により、関東学院大学の学生に対して土木行政に関係する就業体験の機会を提供し、横須賀市の土木行政に対する関心と理解を深めてもらうこと及び受け入れ部局等の指導力の向上が期待されています。

なお、横須賀市に限った事ではありませんが、ここ数年、採用試験において土木職への受験者が少なくなっていて、人材が不足しています。今後、2020年開催の東京オリンピックに向け、土木職の需要が右肩上がりになると思われ、今回のようなインターンシップを通じて市役所の業務を詳しく知ってもらい、優秀な土木系人材に採用試験を受験していただきたいと考えています。

今年度は11月から2月までの3か月間、週2日の受け入れですが、今後は、関東学院大学とよく協議させていただき、受け入れ人数をもっと増やしていきたいと考えています。

今までも関東学院大学と横須賀市の関係では、例えば市の職員を関東学院大学の授業に派遣したり、地域イベントに大学の研究室単位でご参加をいただいたりして連携を行ってきていましたが、この協定締結を契機にして、もっとさまざまな場面で連携できたら嬉しく思います。

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ