活動日記

■横須賀市のラジオ体操を用いた取り組みが業界紙に!■

2015年3月30日生涯現役のまち

横須賀市のラジオ体操を利用した「生涯現役社会」実現への取り組みが、株式会社法研の月刊誌「へるすあっぷ21(3月号)」に取り上げられました!
healthup

神奈川県内の「工夫を凝らした健康づくり」のひとつの具体例として掲載されています。
ここに掲載されている保健所健康づくり課の職員は、ラジオ体操とウォーキングをさらに広めるため、いろいろなアイディアを考えながら、頑張ってくれています(今風に言えば「ラジオ体操 エバンジェリスト」)。私も、生涯現役社会の実現のため、職員と一緒になって、さらなる普及の取り組みすすめていきたいと思います。ちなみに、市役所秘書課では昼休みにラジオ体操を行っています。私も時間があるときは参加してます!

今回、株式会社法研さんから特別に許可をいただきましたので、その記事を掲載します。ラジオ体操を普及する取組みを始めた経緯やラジオ体操の効果、市内のラジオ体操活動グループの活動例などを、とてもわかりやすくまとめてくださっていますので、ぜひご覧ください。

「へるすあっぷ21」の記事にも掲載されている「ラジオ体操活動グループ」の登録については下記の市役所ホームページをご覧ください。
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3130/suisin/20130701rajiotaisoutoroku.html

今回掲載していただいた月刊誌「へるすあっぷ21」についてはこちら(外部リンク・株式会社法研のホームページ)をご覧ください。
http://www.sociohealth.co.jp/magazines/healthup21.html

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ