活動日記

■坂本地区に「地域運営協議会」が設立されました!■

2015年5月28日政策集(マニフェスト)

先日、坂本地区に、「地域運営協議会」が立ち上がりました!

DSC_0321

「地域のことは地域で決める」、「自らの判断と責任に基づきまちづくりを行う」、「地域のつながりをさらに強くする」といった考え方に基づいて、これまで市内には、行政センターのある地域に9の地域運営協議会が設立され、 地域の特性や実情に合った魅力あるまちづくりの実現に向けて、さまざまな取り組みが行われてきました。

けれども、市役所のある「中央地域」には、まだ1つの地域運営協議会のみがたちあがっているばかりでした。

そして、この度、坂本地域に市内10番目となる地域運営協議会が立ち上がりました! 感無量です!
会長に就任した稲垣さんを中心に役員や委員の皆さんがお忙しい中、これまで準備委員会の立ち上げから、献身的にご尽力をされてきたことに心からの敬意を表したいと思います。
とくに、行政センターがない中で、なかなか市役所によるコミュニティー支援もままならない状況下での立ち上げです。これから、さまざまな取り組みや合意形成がなされていくことを期待しています!

当日宣言された、渾身の「設立趣意書」を添付しますので、ぜひご覧ください!
<坂本地域運営協議会 設立趣意書>
坂本地域は、明治時代より陸軍の施設が置かれたことなどにより、古くから開発が進められてきました。また、戦後、陸軍施設の跡地には、幼稚園や小・中学校が整備され、文教地区として発展を遂げてまいりました。

他方、近年全国的な問題となっている少子高齢や核家族の進行は、我が地域においても顕著になってきています。
この社会的な情勢は、人々の地域に対する考え方に大きな変化を生み、地域コミュニティ意識の希薄化へとつながってきています。
また、地域においては、町内会・自治会をはじめとする各団体の役員の高齢化や担い手不足といったかたちでも現れてきています。

しかし、このような現状を憂いているだけでは、地域の問題はいつまでも解決しません。
今、私たちは坂本地域の更なる発展、飛躍のため、地域のことを地域で考え解決していくという、住民自治を基本とした地域の諸問題に取り組むための核となる組織を新たに立ち上げる必要があると考えます。

それが「坂本地域運営協議会」です。

つきましては、これまで地域の諸問題に対し、個々の団体がそれぞれに行ってきた活動を更に一歩進め、団体相互に連携を取りながら坂本地域のまちづくりを進めていくことを目的として、「坂本地域運営協議会」を設立します。

平成27年(2015年)5月26日

坂本地域運営協議会

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ