活動日記

■市長任期の折り返し:中間評価を発表しました■

2015年7月10日政策集(マニフェスト)

本日は、市長に就任してからちょうど3年目になる日です。

市長の任期は4年間ですから、その折り返しの日に選挙の時に掲げた「政策集」の自己評価の結果と、外部評価の結果を合わせて公表しました。外部評価は、一般財団法人の地域開発研究所の牧瀬稔さんにお願いをしました。

政策集の84項目の事業の現状を共有する意味も含めまして、すべて公開いたします。

まず自己評価としては、すでに着手をしている項目は69項目もあるものの、結果が出ているわけではないものも多く含まれているので、より一層の努力が必要であると感じています。
たとえば、6つの柱のうちの1つの地域経済の活性化の中に「さいか屋大通り館跡地の再生と更なる再開発計画を促進します。」という項目があります。現在、さいか屋跡地の再開発に向けた協議会が立ち上がっていますが、まだ「再生」とまでは言えない状況です。けれども今回の自己評価では、「実施中」というステータスで評価をしています。これは「未実施」ではないものの、まだまだ残りの任期の中でしっかりと取り組みを進めていかなければいけないと考えています。

外部評価については、牧瀬さんをはじめ、3人の専門家の方に評価を行っていただきました。詳しい評価方法などは添付の資料をご覧ください。とくに、今回の評価結果は100点満点中68.8点という結果でした。牧瀬さんは、「2年で50点とれれば及第点だから、落ち込む必要はない点」と言ってくださいました。

いずれにしましても、84項目のうち「実施済」としたのは、まだまだ11項目しかありません。残りの項目の達成に向けて、あらためて気合いを入れ直したいと思います。

詳細な資料については、下記のリンク先をご覧ください。
自己評価結果
外部評価結果
外部評価結果(外部委員の評価点数)

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年別
カテゴリー
ページの
先頭へ